スポンサーリンク

【悲報】アメリカではGMA T.33は公道走行可能だがT.50は公道走行不可

新興ハイパーカーブランドながら既に成功を納めているゴードンマレーオートモーティブ(GMA)からマクラーレンF1の設計者でもあるゴードンマレーが同じコンセプトのV12エンジンと6速MT、2ドア3シーターにプラス量産車では初めてファンシステムを搭載したT.50を世界限定100台発売し、来年からいよいよ生産開始される予定です。

残念な事にアメリカではT.50は3シーターモデルと言う特性上、合法的にT.50を公道で走らせる事が出来ません。
下位モデルで2シーターのT.33は問題なくナンバーを取得する事は可能です。
GMA T501 2022-8-24

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

特注のV10エンジンを採用したMcLaren Solus GT&ケーニグセグもMTを復活Koenigsegg CC850デビュー

グランツーリスモSPORTでデビューしたマクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモが何年も前からブガッティVGTと同じく市販化されると噂されていました。
実際にはアメリカ市場限定でマクラーレンセイバーと言う車が10台だけ生産されましたが、マクラーレンは新たにVGTをコンセプトとしてシングルシーター「マクラーレン ソルスGT」を発表しました。
McLaren Solus GT 4 2022-8-20

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

【まだ隠された秘密があったのか!?】マクラーレンF1にはBMWのヘッドライトを使用した個体も存在していた

20世紀で最高のスポーツカーでもあるマクラーレンF1
60年代〜70年代のクラシックカーでは何十億円もの値段がつく車は多いですが、90年代に誕生した近代的なフォルムのスーパーカーの中では一番の価値があるのがマクラーレンF1です。

マクラーレンF1には前回フォルクスワーゲンやBMWのサイドミラーを流用した個体がある事を紹介しましたが、
なんとヘッドライトもBMWから流用している珍しい個体も存在します。
今回、そんな珍しいマクラーレンF1がRMサザビーズオークションに出品されています。
マクラーレンF1ヘッドライト 2022-8-4

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

わずか15台しか作られなかった貴重なマクラーレンセイバーがオークションに登場

8月18日から始まるMecumAuctionsにまたまた珍しいスーパーカーが出品されます。
マクラーレンセイバーはセナGTRをベースにグランツーリスモSPORTに登場したマクラーレンVGTをイメージしてアメリカ市場にのみ限定15台だけ作られた貴重なモデルです。
マクラーレンセイヴァー5 2022-7-3

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

GMAが正式に電気SUV開発の為に専門部門GordonMurrayTechnologyを開設 大手メーカーに向け新型車を開発

ゴードンマレーオートモーティブは2台の電気SUV開発に携わっていると以前紹介しましたが、
グループの新会社GordonMurrayTechnologyを発表し、開発部門の強化を発表すると共に、2つのEVプロジェクトも既に進んでいる事を発表しました。

1つは自社から発売予定の電気SUVでもう1つは「大手自動車メーカー」向けです。
この大手自動車メーカーがどの会社なのかは不明ですが、ゴードンマレーの技術が入った電気SUVがどこかのメーカーと共同で開発され今後発売される事がわかりました。
gordon-murray2 2022-6-30

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示