スポンサーリンク

業界初の金の3Dプリントを使用したベントレーバトゥールのインテリアが豪華すぎる

ベントレーは8月に発表されたばかりの限定車「ベントレーバトゥール」に自動車業界初と主張する3Dプリンタを使用した210グラムの18金ソリッドイエロー ゴールドのアディティブ マニュファクチャリングを公開。

ベントレーバトゥールはW12エンジンを搭載しわずか18台のみ生産される限定車で、価格は2億7300万円〜発売されますがオプションや税金を含むと軽く3億円を超える超高級車です。
ベントレーバトゥール3 2022-12-17

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ベントレー購入者の97%のオーナーがボンネットのエンブレムを注文。 てかあれオプションだったんかい

ベントレーのボンネットマスコットとして有名な「フライングB」
その歴史は古く1920年代半ばから翼を特徴とし、左右どちらから見ても「B」と認識できるエンブレムを採用し現在まで6回デザインが変更されています。

フライングスパーではオプションでこのエンブレムを装着でき、実に97%がフライングBエンブレムを注文しています。
(※フライングスパー マリナーでは標準装備)
フライング B 7 2022-11-19

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

終焉を迎えつつある最強のW12エンジンを搭載した限定車Bentley Mulliner Baturが初公開するも既に完売

ベントレーのBEV化へのデザイン言語を先行導入した最後のW12エンジンを搭載したBentley Mulliner Batur (ベントレー・マリナー・バトゥール)がたった今ワールドプレミアされました。

マリナーバトゥールはチタンや持続可能な複合素材ナチュラルファイバーや3Dプリントされた18金などオプションはほぼ無限。
終焉を迎えつつあるW12エンジンは史上最強の740PS/1000Nmを発揮します。
Bentley Mulliner Batur5 2022-8-21

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ベントレー最初のEVモデルの発売が延期決定

イギリスの高級ブランドのベントレーは世界一燃費が悪い高級車としても有名ですが、時代の流れもあり電化へのシフトチェンジを発表し、2025年からEVモデルを導入する事を予定していましたが、計画が1年遅れ2026年にEVモデルを導入する事をAdrian Hallmark CEOが発表しました。
ベントレー Adrian Hallmark2 2022-7-28

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

2023ベントレーベンテイガEWBデビュー&アストンマーティンDBX707がロールオフ

イギリスのベントレーはグランドツアラーSUVのベンテイガにエクストラホイールベース(18cm)延長された2023年ベントレーベンテイガEWBを初公開しました。

航空機と同じクオリティの座席には世界初のウェルネステクノロジーを搭載したシートが搭載され、シートに座るだけで体温をはかり長時間座っても快適に乗員の体温を調整します。
ベントレーベンテイガEWB8 2022-5-10

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示