スポンサーリンク

世界で最も成功したラグジュアリースポーツセダン、ベントレーフライングスパーが4万台生産達成

世界で最も成功した究極のグランドツーリングラグジュアリーセダンとして現在も人気のベントレーフライングスパーが8月31日で通算40,000台を生産しました。
フライングスパーは2005年にコンチネンタルフライングスパーと言う名前で発表され、コンチネンタルGTと区別するためにフライングスパーと名前を変更され現在では3代目です。

先日生産終了されたミュルザンヌに変わってフラッグシップモデルとして世界中で称賛されています。
勿論全てイギリスで設計、開発、製造が行なわれており250人の職人たちが100時間以上掛けて1台完成させます。
ベントレーFlying Spur 40,000th (1)

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

【パイクスピークの王】ベントレーパイクスピークコンチネンタルGT BY MULLINERが生産開始

ポルシェがニュルブルクリンクの王だとしたらベントレーはパイクスピークの王です。
昨年のパイクスピーク・ヒルクライムにて量産車世界最速の10:18.488で12.42マイルのコースを制覇した限定車「ベントレー・パイクスピークコンチネンタルGT BY MULLINER」の生産が開始されました。

パイクスピークの優勝マシンと同じカラーリングと仕様で限定15台のみ生産され1号車は9月に納車が予定されています。
PR - Pikes Peak - 1

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

【究極のベンティガ】NEWベントレーベンテイガ・スピード初公開

先日フェイスリフト版ベンテイガが公開されていましたが、V8エンジンではなくW12エンジンを搭載した最上位モデルとなる2020ベントレー・ベンテイガ・スピードがデビューしました。
Bentayga Speed - 11

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ベントレー製電気自動車に搭載される革命的なeアクスル電動パワートレインを公開 ほか

ランボルギーニのV12モデルよりも遥かに燃費が悪い世界最悪の燃費性能を持つイギリスの高級車メーカーベントレー。
そんなベントレーも電化を求められており、まずはハイブリッドモデルから導入し、今後はフルエレクトリックへと移行します。

そこでベントレーがOCTOPUSと共同開発したeアスクルモーターが初公開されました。
このeアスクルにはモーター、パワーエレクトロニクス、ギアボックスを統合しており最新の永久磁石モーターの性能を超えたと同時に、希土類磁石と銅巻線の両方の必要性を排除し、寿命の終わりにコスト効率とリサイクル可能なパッケージを提供しました。
OCTOPUS e-axle - HERO

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ベントレーが世界初の3Dウッドトリムを発表。 やっぱりカーボンより木の方が高級感あるよな

昔の高級車などは本物のウッドパネルを使用していたりもしましたが今では本物の木を使うのはベントレーやロールスロイスなど高級車でしか使用されない例も多々あります。
ベントレーは世界で初めて3D立体ウッドリアドアインサートを新しいフライングスパーからオプションで設定出来る様になりました。
カーボンも今ではどの車でも見る様になってしまいましたが、本物の木もベントレーの様な高級車にはとっても似合います。
Flying Spur 3D Wood - 2

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示