スポンサーリンク

名車ランチアデルタインテグラーレが2022年ラリークロス選手権に復帰!今度はEVだ!


フリーライディング世界チャンピオンによって設立されたGCKモータースポーツはこれまでルノーメガーヌやクリオなどでFIA世界ラリークロス選手権に出場していましたが、2022年から伝説のラリーマシン「ランチアデルタインテグラーレ」で参戦する事を発表しました。

今度のランチアデルタはターボエンジンではなく、電気モーターを搭載したフルエレクトリックレーサーマシンでオーストリアの会社KreiselElectricによって開発されたEVO-e RXプラットフォームが使用されます。
Lancia Delta Integrale3 2021-11-24


Lancia Delta Integrale1 2021-11-24
電気自動車となったランチアデルタインテグラーレはデュアルモーターを搭載し500kW(680馬力)にトルクは880Nmと0-100km/hはわずか1.8秒。この数値はF1マシンよりも優れた加速性能を持つEVラリーマシンです。

2022年ラリークロス選手権はマシンが電動化される最初のシリーズで最初のグリッドには14台の車が参戦します。
全チーム同じパワートレインが採用されるのでチーム毎に異なるボディやシャシーでそれぞれ戦います。


Lancia Delta Integrale2 2021-11-24
ランチアデルタもEVレーサーとなってラリークロスに復帰するのはおじさん達は大喜びで盛り上がりそうです。
2022年ラリークロスでは充電設備も太陽エネルギーと再生可能エネルギーの組み合わせを使用し、レース中に充電します。
国際モータースポーツもどんどん電化の並みが押し寄せてくる時代なんだとすごく感じますね。
3年くらい前にデザインは当時のままカーボンなど最新素材を使用したランチア・デルタ・フューチャリスタが発売されましたが、EVとなったランチアデルタはどんな走りをするのか楽しみ。

復刻されるランチア デルタ インテグラーレ、いくらなんでも高すぎる


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示