スポンサーリンク

【エンジン音がやかましすぎるぞ】ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツが初公開


ポルシェはLAオートショー2021に向け先ほど718ケイマンGT4RSをワールドプレミアしましたが、
そのGT4RSをベースにレース用にチューニングしたポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツがデビューしました。
ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ9 2021-11-17


ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ3 2021-11-17
ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツは911GT3カップレースカーと同じ4.0リッター6気筒ボクサーエンジンをミッドシップに搭載し500PS。
これは前モデルで使用されていた3.8リッターエンジンより18%強力になっています。
エンジン最大回転数は9,000rpm
エンジンパワーは公道モデルのGT4RSと同じですがサーキット走行に合わせ全体的なパフォーマンスが更に改善されています。


ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ7 2021-11-17
シャシーの変更により取り扱い性能も改善され、ダンパーの設定など最適化が行われボディコントロールが格段に良くなり車両全体のパフォーマンスとハンドリング性能はゼロから再設計されました。


ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ10 2021-11-17
ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ8 2021-11-17
インテリアは公道モデルのGT4RSと大きく異なり、ステアリングなど911GT2RSクラブスポーツの様なカーボンステアリングホイールが採用。
セミプロ、アマチュアレーサー向けのモデルで購入しすぐにレースに参戦できます。



ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ2 2021-11-17
ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ1 2021-11-17
前の718ケイマンGT4クラブスポーツでは初めて再生可能な天然繊維複合素材を使用したボディパーツを使用しましたが、
新しいGT4RSクラブスポーツでは更にドアとリアウィングに加えて、ボンネット、ウィング、フロントエンドの空力コンポーネント、ステアリングホイールが天然繊維複合素材で作られています




ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ4 2021-11-17
ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ5 2021-11-17
レーシングモデルなので車高、キャンバー、トウも調整可能でフロントアクスルとリアアクスルの3つの異なるスプリングレートが利用可能になりました。
ボンネットに追加されたNACAダクトは380mmもする大型の鉄製ブレーキを速やかに冷却します。


ポルシェ718ケイマンGT4RSクラブスポーツ6 2021-11-17

718ケイマンGT4RSクラブスポーツは工場出荷時からすぐにレースに参戦出来る様になっており、
2023年基準の6点レーシングセーフティハーネスとセーフティネットから、消火器システムと3つのジャックを備えたビルトインエアジャックシステムまで全部付いています。
これらの装備はSROレーシングシリーズの参加基準をクリアしています。

【速報】ピュアレーシングエンジンを搭載したポルシェ718GT4RSがデビュー





西尾 維新(原著), 大暮 維人(著)




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示