Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

マクラーレンスピードテールのつなぎ目が存在しない補助翼エルロンは更に進化:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

マクラーレンスピードテールのつなぎ目が存在しない補助翼エルロンは更に進化


rdg5978rg9grgr (5)
ジュネーブモーターショー2019でも公開されたマクラーレンF1の後継モデル、【マクラーレンスピードテール
スピードテールにはボディとリアスポイラーのつなぎ目が全く存在しないフレキシブルカーボン素材を使ったエルロン(補助翼)が話題でしたが、これから量産に向け更に進化するとマクラーレンのアルティメットシリーズのプログラムマネージャーであるアレックスギブソン氏が答えました。


rdg5978rg9grgr (2)
rdg5978rg9grgr (4)
rdg5978rg9grgr (3)
rdg5978rg9grgr (1)
スピードテールに搭載されている補助翼はドアの後部から車の尾部までずっと伸びている巨大な単一部分の炭素繊維のクラムシェルに統合されています。クラムシェルの実際の構造は、車の後部に近づくにつれて変わります。

カーボンファイバー製造プロセスでは、カーボンファイバーのさまざまな層を入れる雌型があり、カーボンの織りの構造とその織りの向きは、パネルをたどって曲がるように変化させ、ボディとエアロパーツのつなぎ目を無くしました。


2枚の補助翼は最大4.7インチ油圧システムで立ち上がり、量産仕様ではマクラーレンセナのリアウィングと同じくらい素早く動作しアブレーキ効果を発生させます。
パガーニウアイラの様に個別には動かない理由は空気力学のバランスを取るためとギブソン氏は説明しています。




スピードテールの開発目標の一つに驚くべき加速性能(0-300km/h 12.8秒)と速い最高速度(402km/h)を達成する為に、空気を滑らす車を作る事でした。
これらを達成させる為には車のシャットラインとパネルギャップを最小限にする為にはこのフレキシブルカーボンが必要でした。



スピードテールのエルロンシステムは様々な耐久テストを行いどんな気候条件や温度湿度でも動作します。
つなぎ目が無く曲がるカーボンを搭載したエルロンはあまり強く引っ張ってしまうと折れるそうですが、通常の使い方では問題ない耐久性です。

やはりスピードテールに搭載されているエルロンはどこの自動車メーカーも作れなかったフレキシブルカーボンが素晴らしいですよね。
この技術をリアスポイラーだけではなくボディパーツに使うと更につなぎ目が少ない美しい車が登場しそうですが、
ちょっと傷つけてしまったらパネル全部交換しないと行けないので修理費がえらいことになりそう。



ヤマノススメ (17) (アース・スターコミックス)
しろ
アース・スターエンターテイメント
売り上げランキング: 997



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

引っ張ったら、勢いよく剥がれそう

折れないんだろうけど、なんか不安。

曲がる部分の塗装への影響はないのかね~?

No title

折れたらパネル全交換ってのが怖いな

No title

この一体成型のウイング、何かに似てると思ったら、毎日使ってるロジクールのマウスだったわw
将来の車は、車体のあちこちがウニョウニョ動く様になるのかな。BMWのコンセプトにそういうのがあったような。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示