Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

アストンマーティンDBXプロトタイプが北極圏でテスト開始:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

アストンマーティンDBXプロトタイプが北極圏でテスト開始


Aston_Martin_DBX.jpg
アストンマーティン初のSUVとして来年から発売されるDBXがスウェーデンの北極圏近くにあるピレリの公式テスト施設にて寒冷地テストが行われています。

アストンマーティンDBXはアストンマーティン初のSUVそして電気自動車となり、更に高級ブランドとしてラゴンダからも高級SUVが発売されます。



Aston_Martin_DBX (3)
Aston_Martin_DBX (2)
Aston_Martin_DBX (1)
DBXを開発を行っているチーフエンジニアのマット・ベッカー氏は次のように述べています。「アストンマーティンDBXは、さまざまな地形の広いサーフェスに対応する必要があるため、日常的な状況で車をテストするだけでなく、このような悪条件下でテストする必要があります。この気候条件でこれらのプロトタイプをテストすることは、我々が自動車の初期の原動力を査定して、そして低グリップ表面の上でも安全に運転できるようドライバーを手助けます。
この車はアストンマーティンを新たな分野へと推進しており、私たちのエンジニアリングチームは、この厳しいテストスケジュールを通じて、質の高い高級SUVエクスペリエンスを開発を勧めています。開発は順調に進んでおり、アストンマーティン製SUVでお客様が期待する以上の成果を達成できると確信しています。」


アストンマーティンDBXは2019年末からウェールズの新工場で生産開始し2020年から納車開始されます。




そしてジュネーブモーターショーで発表されたアストンマーティンの高級電気自動車部門のラゴンダから最初に生産される予定のオールテレインコンセプト

Lagonda_All-Terrain_Concept (3)
Lagonda_All-Terrain_Concept (7)
Lagonda_All-Terrain_Concept (1)
Lagonda_All-Terrain_Concept (4)
Lagonda_All-Terrain_Concept (5)
こちらもDBXと同じ電気自動車で2022年からウェールズの新工場で生産開始予定です。
DBX同じカテゴリーの車ですが、DBXと比べかなり大きく非常に美しいデザインです。
まだ発売するのに時間が掛かるのでプロダクションデザインになる時はインテリアなど大きく変わってきそうですが、ターゲットをロールスロイスやベントレーに絞っている事がよく分かるデザインです。

まだ仕様なども決まっていませんが、これから過熱する高級電気SUV市場にいち早く参入するアストンマーティンのサブブランドなのでおそらく5000万円以上はしそうです。

今年も色んなモデルが発表されましたが、アストンマーティンはヴァンテージ以外全て初公開のモデルでとても良かったですね。
ますます好きになった。


おいベントレー、テメーは創立100周年であんだけ煽って9って書いただけのコンチネンタルGT出すだけだったのがガッカリだったぞ。


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

運転手ハゲだな


だから?

なんだろう、この配色でウツボにしか見えなくなった…
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示