Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

SSCトゥアタラがついに公道でテスト走行を開始&ブガッティシロンロードスターはやっぱり出ない模様:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

SSCトゥアタラがついに公道でテスト走行を開始&ブガッティシロンロードスターはやっぱり出ない模様


hou008yh08hyi80yh.jpg
8年の歳月を経てやっと市販化が決定したハイパーカー「SSCトゥアタラ
ケーニグセグやブガッティと同じくトップスピード世界一をメインに開発された車で先日エンジンなどが公開されたばかりでした。

8年前とは異なりちゃんと発売出来る状態で公開され、今回初めて公道でテスト走行している所を公式から公開されています。



走っているシーンは一瞬だけどちゃんとSSCトゥアタラが走ってるね!
これは来年末くらいまでには発売されるかな?

前モデルのアルティメットエアロでは最高速度世界一をブガッティやケーニグセグに破られたままだから
トゥアタラは今の所、時速300マイル以上を出せて、ちゃんと発売されそうな唯一の車ですね。
ヘネシーヴェノムF5は未だにインテリアやエンジンも公開されていないのでいつ量産されるのか不明。


量産車で最も強力な1750馬力を発揮するSSCトゥアタラのエンジン



そしてもう一つの最高速度を出す車と言えばブガッティシロン
wqeqedqwr.jpg
グループ会社のアウディからブガッティ新CEOに就任したステファンヴィンケルマン氏。
ランボルギーニで培った限定商法を用いてディーヴォやシロンスポーツなど派生モデルを生み出してきました。
以前も言っていた通りブガッティはもう最高速度への挑戦に興味はなくシロンの300マイル(482km/h)以上のチャレンジは行われない模様。
現在はカーランナップを増やす計画があるそうで、噂されているSUVやロードスターではな無い別のモデルになると言われています。もちろんSUVなど候補の一つですが優先事項ではないので暫く登場する事はありません。

そして世界限定500台のシロンは全てオーナーが決まり完売。500台目は2021年以降完成予定。
ヴェイロン時代には450台を様々な派生モデルで登場していましたが、シロンも時間が掛かるでしょうがやはり更に軽くなったハイパフォーマンスモデルも登場はするでしょう。

ノーマルのシロンでも2.7マイルの距離を420km/hも出しちゃうから十分速いよ。
それにしてもステファンヴィンケルマンさんはブガッティCEOに就任する前はブガッティ乗った事無いんだってね。以外やな。
シロンプロジェクトではステファンヴィンケルマンCEOになっても計画無しなのはちょっと残念だけど、「C」をイメージした内装みたら元々計画なんて無く開発していたと言うのがよく分かるよね。

来年で創立110周年を迎えるブガッティ。
ジュネーブモーターショーで110周年記念モデルとして何かしらコンセプトモデルや新モデルを発表する可能性が非常に高いですが、やはり2009年に発表された4ドアモデル「16Cガリビエール・コンセプト」の量産モデルになりそう。


ブガッティのアトリエが動画で初公開。こうやってシロンを作ってんのね。


ブガッティは今年後半にスペシャルモデルを公開するとVIPに発表






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示