Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【いつでも元に戻せる夢のEV技術】アストンマーティンが世界初の「リバーシブルEVコンセプト」を発表:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

【いつでも元に戻せる夢のEV技術】アストンマーティンが世界初の「リバーシブルEVコンセプト」を発表


opjihugyfgiuojpkpoiy767fguhiojpk@pkoi8765655 (4)
過去にはジャガーがクラシックカーのスタイルをそのままに電気自動車に改造したEタイプZEROがありましたが、
同じイギリスの高級ブランドアストンマーティンも1960年アストンマーティンDB6 MkII ヴォランテをベースに世界初のリバーシブルEVパワートレインのコンセプトカーをアストンマーティンワークスが発表しました。


opjihugyfgiuojpkpoiy767fguhiojpk@pkoi8765655 (5)
opjihugyfgiuojpkpoiy767fguhiojpk@pkoi8765655 (6)
opjihugyfgiuojpkpoiy767fguhiojpk@pkoi8765655 (7)
opjihugyfgiuojpkpoiy767fguhiojpk@pkoi8765655 (3)
opjihugyfgiuojpkpoiy767fguhiojpk@pkoi8765655 (2)
何が世界初の技術なのかと言うと、アストンマーティンワークスが開発した「リバーシブルカセット式EVパワートレイン」と言う技術を使う事により、元のデザインを大きく変える事なく電気自動車に改造出来ると言う技術です。
この技術には来年から量産されるラピードEにも搭載されている技術でオリジナルのDB6 MkIIヴォランテにあるエンジンとトランスミッションの間にこのカセットを組み込む事でいつでも元のガソリンエンジン車に戻す事が出来る文字通りリバーシブルな夢の車です。

このカセットを使えば歴史的価値があるクラシックカーをエンジンやミッションを外さず電気自動車として大きな改造を施す事無く、
年々厳しくなっていく排ガス規制の中愛車を乗り続けていく事が可能です。

この未来カーコレクターがずっと愛車公道で乗り続けていくには限界があります。
世界各地の環境保護の法律でガソリンエンジン車が閉め出されて、自動車会社もハイブリッドor電気自動車へとシフトしています。
アストンマーティンワークスが開発したこの技術を使用すれば環境も汚さず堂々とクラシックカーを公道で楽しむ事が可能です。

アストンマーティンは来年にもこのヘリテージEVモデルの発売を他のモデルでも展開する予定です。


opjihugyfgiuojpkpoiy767fguhiojpk@pkoi8765655 (1)
エンジンルームに小さくてパワフルなセルモーターを搭載する事でエンジンなど取り外す事無く電気自動車化へと出来るそうですね。
バッテリーとかはトランクに入るのかな?
バッテリーやモーターが小さくなればこういった技術がもっと進化しそうですね。
よし!電気を作る時にco2を排出するから電気自動車税を導入しようってどっかの国がやりだすでホンマ。







関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

夢がある技術

No title

こういう技術を使えば、クラシックカーも生き延びるのでは…。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示