Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

ランボルギーニウルスハイブリッドの登場が遅れる事が判明:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

ランボルギーニウルスハイブリッドの登場が遅れる事が判明


awrwt53rw355rw5.jpg
ランボルギーニ第3のモデルとして量産が始まったウルス。
ポルシェ製4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し納車が日本でも始まっており今後、ランボルギーニ初の複数のエンジンバリエーションとしてウルスハイブリッドが計画されていますが、ランボルギーニは現在ウルスハイブリッドの計画は遅れまだまだ開発中でしばらく登場する事が無い事が判明しています。




現在ウルスハイブリッドの計画は再調整されています。
まず第一にロシア、韓国、インドでは想定していた需要の2倍を越えており非常に来年には納車を始める予定です。
V10エンジンのウラカンシリーズやV12エンジンのアヴェンタドールシリーズはライバルがフェラーリとマクラーレンしか居ないので納車迄1年以上経とうが全く販売に影響する事はありませんがウルスは違います。

現在盛り上がっている高級SUV市場と言う事でライバルはベントレーベンテイガ、ロールスロイスカリナン、ポルシェカイエン、メルセデスG63AMGなど競合他社が多く顧客は辛抱強く納車まで待ってくれない。
現在ウルスは専用工場を建設し、年間3500台を量産している体制ですが、最終的には4500台生産する計画でまずは顧客を待たせない為にどんどん量産するのが最重要科目です。

次に予定していたV6ツインターボエンジンと電気モーターの組み合わせがランボルギーニに相応しい性能レベルに達成しておらず、新しくV8ハイブリッドエンジンとして開発を再スタートさせた事が判明しています。
ランボルギーニは次期V10、V12モデルからハイブリッド化する事を発表済みで来年のジュネーブモーターショーでV12ハイブリッドモデルが登場すると予想されていますが、ウルスのハイブリッドモデルは登場がかなり遅れそうですね。
カイエンハイブリッドがあるけど駄目なのか。まずはベンテイガハイブリッドの登場が先かな?


【ウルスのハイパフォーマンスモデル】ランボルギーニウルスST-Xコンセプトが公開


ランボルギーニ次期V10モデルはハイブリッドになると正式に発表




冴えない彼女の育てかたFD2 (ファンタジア文庫)
丸戸 史明
KADOKAWA (2018-11-20)
売り上げランキング: 50





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示