Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

ブガッティのアトリエが動画で初公開。こうやってシロンを作ってんのね。:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

ブガッティのアトリエが動画で初公開。こうやってシロンを作ってんのね。


wre65u6i78o9ui0 (2)
フランスの番組がモルスアイムのアルザスにあるシロン生産工場の「アトリア」を取材しています。
シロンはランボルギーニやフェラーリとは異なり組立ラインやロボットは一切使用せず23人の職人達がる1,800以上のパーツを1台毎に組み立てています。
シロンは世界限定500台で完成まで約9ヶ月かかり年70台がここで組み立てられます。



wre65u6i78o9ui0 (1)
wre65u6i78o9ui0 (3)
シロンの生産はにはまず重さ110kgのカーボンモノコックを作り、ドイツにあるフォルクスワーゲンの工場で2週間掛けて作られた650kgもある大型の8.0リッタークワッドターボW16エンジンを14本のチタン製ネジを使い車体に組み込みます。
車体にカーボンモノコックとエンジンを組み込む初期段階で約一週間掛かります。

次のステップにタイヤを付けて1500馬力を発揮するエンジンや車体のベンチマークテストが行われ、検査を無事通過出来たら、
ドアや窓ガラスが付けられます。
「ラ・メゾン ピュルサン」と呼ばれるブガッティのオーダーメイドサービスによって個体毎に分かれたレザーやカラーリングなど施され、テストコースでの走行や散水室でのリークテストなどが行われます。


ワイは日本語理解出来るけどフランス語あんま分からんから動画ではあんま何言ってるのか分かんないけど
ここでシロンスポーツやディーヴォなども作られるんでしょうね。
それにしてもフォルクスワーゲングループの車というかどこもそうなんだけど最近の車ってみんなテールライトが棒ばっかでもうデザイン飽きてきた。


年間70台生産されるブガッティシロンのアトリエ初公開



HUGっと!プリキュア キュアエール 等身大タペストリー 1800×730mm
エンスカイ(ENSKY) (2019-01-25)
売り上げランキング: 320



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

70台生産を維持し続けて7年後に届く人って

たしかに横棒だらけだよなあ
だからこそキャデラックの縦棒が好き

ワイド感を出したいがための横棒なんだろうけど、確かに皆やり過ぎだな

中華系新興メーカーの車のフロント・リアエンドとか、ヤケクソになってデカいグリルと低めの位置に横棒、みたいなのばっかで全く見分けがつかない

No title

35GTRとは格が違う

650kgってくそすぎ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示