Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【どう?】アストンマーティンヴァルキリー公式イメージ公開:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
57858758587uoouoou.png

【どう?】アストンマーティンヴァルキリー公式イメージ公開


kpojihugyftuyibygi646864864864864867878q1 (1)
マクラーレンスピードテールの登場で他社ハイパーカーはどうなるのか気になりますが、アストンマーティン公式から最新のヴァルキリーの画像が公開されています。


kpojihugyftuyibygi646864864864864867878q1 (3)
757ytffttftfy11qawhyy.jpg
ert34t43t4343er.jpg
これがヴァルキリーの量産版最終デザインっぽいですね。
AM-RB001の時はF1マシンの様なフロントで下がスカスカでしたが量産版では違うみたいですね。
リア部分はフェラーリFXX Kみたいな印象でインテリアは以前公開されたコンセプト時と変わらず非常にシンプルなデザインでマクラーレンスピードテール同様サイドミラーやバックミラーがカメラ化しているようです。
形状から見てスピードテールの様に収納できるわけではなく、サイド部分にカメラが目立たないよう設置してあるかの様に見えます。

アストンマーティンヴァルキリーは6.5リッターV12自然吸気エンジンと電気モーターを搭載し1130馬力、車重は当初1000kgでしたが、やはり重量は上がる様です。
AMG ONEやスピードテールにはV8エンジンやV6エンジンを搭載して1300kg~1400kgなのでV12エンジンを搭載したヴァルキリーは更に重くなるかもしれませんがカーボンファイバーボディなど仕掛けがあり驚きの重量を再現出来るかもしれません。
まずは150台生産される行動仕様のヴァルキリーが発売後、サーキット専用モデルで限定25台のヴァルキリーAMRが発売されますが、このデザインを見るとヴァルキリーAMRも変更ありそうですね。




こちらが初公開時のヴァルキリー(AM-RB001コンセプト)のデザイン↓
http://www.ferrarilamborghininews.com/blog-entry-12292.html



アストンマーティン、東レの子会社と技術提携を発表


アストンマーティンヴァルキリーにはデュフューザーホイールが採用されF1より優れたダウンフォース性能を発揮






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マクラーレンセナの五倍はかっこいい。

No title

くそかっこいい!

No title

超絶劣化してるやん

No title

スピードテールの10倍カッコいい。

かっこいいけど、運転できる気がしないコクピット…

フロントもアッパーアーム見えてるし、スカスカなんじゃない。
モノコックがそれだけ細いってことなんだから。

8シリーズもそうだけど
コンセプトの完成度を高くし過ぎた

マクラーレンより好き

ハイパーカーの中でも頭5つくらい抜きん出てる

やっぱりX2010のロードバージョンにしか見えない

No title

恐ろしく洗車が大変そうだ。実用性とか全く無視した潔さがかっこいい

いやいや、下は充分スカスカだろw

ワシはコンセプトよりこっちのが好みじゃの〜

No title

塗装の再現厳しいな‥。

コンセプトは微妙だったけど、
コレはイカスわ。
ZOZOの前澤が羨ましい。

オレの印象だとセナの約22倍かっこ良い(笑)
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示