Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

フェラーリから新たに「V6モデル」、「ハイブリッドモデル」、「ラフェラーリの後継モデル」を発表:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

フェラーリから新たに「V6モデル」、「ハイブリッドモデル」、「ラフェラーリの後継モデル」を発表


3445353553543rere (6)
セルジオ・マルキオンネ氏の突然の死でジョン・エルカーンが新たなCEOに就任したフェラーリですが、新体制の中、2018-2022年迄のロードマップが発表されました。

ジョン・エルカーンCEOは2022年迄に15車種の新型車を導入する事を発表し、60%以上ハイブリッドパワートレインを採用すると発表しました。
フェラーリは「スポーツ」、「GT」、「スペシャルシリーズ」、「ハイパーカー(Icona)」の4つのカテゴリーに分かれV8ツインターボエンジンとV12自然吸気エンジンは2022年迄引き続き生産し、新たにV6ツインターボエンジンをラインナップに加えます。


3445353553543rere (7)
まず発表されたのがフェラーリ初のSUVとなるPurosangue(プロサングエ )。イタリア語でサラブレッドと言う意味でカテゴリはGTになる事と名前以外はまだ不明です。
完全新モデルになるのでおそらくV6ハイブリッドになり、ランボルギーニウルスのライバルになりそうです。
ウルスはSSUV(スーパーSUV)として発売しましたが、フェラーリはFUV(Ferrari Utility Vehicle)として世界最速のSUVとしてセルジオ・マルキオンネが既に発売する事を発表済みです。
エンツォの伝統を守ってルカ会長が決して許さなかったフェラーリ製SUVがついに発売されます。



waqedqaedqa.jpg
qwedaqeqwdaqedqawedweq (4)
フェラーリが4カテゴリに分類するモデルとその割合は上記画像の通りです。
「スポーツ」は今まで通りのV8やV12エンジンのスーパーカーでフェラーリの主軸はこちらです。
「グランツーリスモ(GT)」はポルトフィーノやGTC4ルッソの様な主に街乗りや2台目のフェラーリとしたスーパーカー。
「スペシャルシリーズ」は上記の限定車
「イコナ」は先日発表されたばかりのモンツァSPシリーズやラフェラーリの様な少数限定生産モデルやハイパーカーなど、
その名通りブランドのアイコンともなるモデルです。
GTカテゴリーは1950年~1960年代当時に発売されたクラシックカーのデザインを取り入れたモダンなデザインにする事も発表され250GTOなど名車のデザインの一部が新型車に採用されます。



3445353553543rere (4)
qwedaqeqwdaqedqawedweq (2)
3445353553543rere (1)
エンジンラインナップは70年前と変わらず自然吸気V12エンジンはそのまま残り、新たにV6エンジンも追加されます。
数年前から目撃されていたディーノと思わしかったモデルも2022年迄に登場する15車種の内の1台になっています。
クラス的にはマクラーレン600LTあたりがベンチマークされる車でしょう。
そして60%がハイブリッド設定になるので488GTBはV8ツインターボモデルとV8ハイブリッドモデルになる可能性が高いです。
まだ早いですが812スーパーファストの後継モデルはV12+ハイブリッドになる事が既に決定済みです。





3445353553543rere (8)
3445353553543rere (9)
qwedaqeqwdaqedqawedweq (3)
そしてアストンマーティンヴァルキリー、メルセデスAMGプロジェクトONE、マクラーレンスピードテール、トヨタGRスポーツコンセプトに対抗するフェラーリ製ハイパーカーも発表されました。
ラフェラーリの後継モデルは引き続きV12エンジンとハイブリッドになり、今後発売されるハイブリッドシステムの最上級モデルになります。勿論ラフェラーリよりも速いのは当然でライバルのハイパーカーと比較すると1300馬力前後と予想出来ます。
以前フィオラノサーキットで謎のFXX K EVOがテストされていましたが、ラフェラーリの次期モデルと言う事が確定し、2022年迄に発売となればフェラーリもル・マン24時間耐久レースハイパーカークラス参戦する可能性が非常に高くなりました。
既にアルテリア社と強力して次期プラットフォームの開発を進めているフェラーリから新たにV6やハイブリッドモデルを含め15車種が登場すると言う事でこの5年間は非常に期待されます。

新CEOの元、フェラーリは売上を2022年迄に38%以上増加する計画で、ルカ会長がプレミア感を保つ為に生産台数を年7000台以下に絞っていましたがついに年間1万台を超える生産体制になります。
フェラーリの株価もこの発表により昇竜拳しています。

ハイパーカークラス参戦か?ル・マンタイプのフェラーリFXX K EVOがテスト


【速報】フェラーリ、アルテリアと次世代フラッグシップモデルのプラットフォーム開発を発表


ロクでなし魔術講師と追想日誌3 (ファンタジア文庫)
羊太郎
KADOKAWA (2018-09-20)
売り上げランキング: 639


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ラの後継とか想像つかんわ

最モテ車やろなぁ

No title

終わりの始まりのような気がして…
そんなに乱発して大丈夫かな

やはり来たね、フェラーリ

フェラーリも変わっちゃったな

No title

時代の流れですかね、商売第一になってしまったね。

No title

お前らに関係無い

お前に関係無い

俺には関係あるな、一応フェラーリオーナーだし。
フェラーリのSUVは家族用としてちょっと気になる。

No title

フェラーリも純スポーツをやめてSUVを出すのか
時代とはいえ なんか寂しいものがあるね

V8ピッコロの下って 何?
縦笛?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示