Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

アストンマーティンラピードEの一部が初公開:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
57858758587uoouoou.png

アストンマーティンラピードEの一部が初公開


rwerw43wr4re34.jpg
アウディ、メルセデスが続々と電気自動車を発表していますが、アストンマーティン初の電気自動車はSUVではなく4ドアセダンのアストンマーティンラピードEからEV市場に参入します。

ウィリアムズ・アドヴァンスド・エンジニアリングと共同開発し世界限定155台。
610PS/950Nm以上のトルクを生成するツイン・エレクトリック・モーターを採用し最も強力なラピードシリーズになります。


Rapide_E__Wte (2)
Rapide_E__Wte (1)
ラピードEには800Vバッテリーシステムを搭載。400Vネットワークでも高速充電が可能なDC / DCコンバータ
車はゼロエミッション・ラグジュアリーブランド「ラゴンダ」の為にアストンマーティンがウェールズに新しく建設した専用工場にて生産。
2019年春頃には初期ロットが納車される予定です。

現行のラピードSには燃料タンク、ギアボックス、6.0リッターV12エンジンを搭載し558PS/620Nmを発揮していましたが、
電気モーターと800Vのバッテリーを搭載し610PS/950Nmとトルクは大幅に電気自動車の方が上です。
まだ車重は発表されていませんが、ラピードSの1990kgより軽くなる事が期待されますが現状不明。

ラピードEの走行性能は0-100km/hは4秒以下、最高速度250km/h
エクステリアデザインも最適化され、今回公開されたティザーでも分かる通り、ホイールは新しく空気抵抗の少ないデザインに変更されています。
ラピードEはラピードSと比べ、高い空力、摩擦損失、冷却性能を達成することを目標としています。
タイヤはPirelli P-Zeroのはノイズキャンセリングフォームを採用しています。


こちらは去年公開されたラピードEのデザインスケッチ
ES48GTEW8TW453535WEARWE (2)
ES48GTEW8TW453535WEARWE (1)
ES48GTEW8TW453535WEARWE (3)
アストンマーティンはまだ誰も参入していないラグジュアリーカーブランドでロールスロイスやベントレーよりも早くラゴンダで市場を確保する狙いでまずは来年、アストンマーティンブランドの限定車としてラピードEを発売後、もっと高性能でゴージャスなラゴンダブランドをスタートさせます。


アストンマーティン、2020年代後半までには全車ハイブリッド化すると発表。ガソリンエンジンモデルは終了。


ラピードEに搭載される800Vのバッテリーが公開



寄宿学校のジュリエット(9)限定版 (講談社キャラクターズA)
金田 陽介
講談社 (2018-09-14)
売り上げランキング: 60,813



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示