Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

アストンマーティンヴァンキッシュ、ミッドシップスーパーカーとして復活:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
6484646864648648igufydtyrstdyf.jpg

アストンマーティンヴァンキッシュ、ミッドシップスーパーカーとして復活


drytufyigulhiuty66t8 (3)
先日復活したばかりのアストンマーティンDBSスーパーレジェーラ。
同じくアストンマーティンにはFR駆動のV12モデルとしてヴァンキッシュが存在しますがこのヴァンキッシュがフェラーリやマクラーレンのライバルになるミッドシップエンジンのスーパーカーとして登場する事が分かりました。

アストンマーティンにはGTスポーツでのみ使用出来るDP-100 ビジョン グランツーリスモとヴァルキリーの2台がミッドシップエンジンレイアウトモデルとして発表されていますが、NEWヴァンキッシュはヴァルキリーの下位モデルとしてエンジンレイアウトをコルベットC8と同じく一新して登場します。


drytufyigulhiuty66t8 (2)
drytufyigulhiuty66t8 (1)
drytufyigulhiuty66t8 (5)
drytufyigulhiuty66t8 (4)
アストンマーティンは「DB」の他に「V」から始まるモデル名を伝統として使用していますが、ヴァンキッシュはヴァルキリーの技術が入ったミッドシップスーパーカーになっちゃいますか。
まぁ確かにDB11、DBSスーパーレジェーラがある以上もうこれ以上FR駆動のV12モデルは必要ない様な気もしますが。

アストンマーティン製ミッドシップエンジンレイアウトのスーパーカーはフェラーリ488GTB、マクラーレン720S、ランボルギーニウラカンに匹敵するスペックを持つと言われ、2020年に発売予定。

ヴァルキリーと同じエンジンレイアウトになるので勿論レッドブル・レーシングのエイドリアン・ニューウェイが開発を手掛けます。
エンジンはやはりヴァンテージと同じくAMG製4.0リッターV8ツインターボエンジンで700馬力前後になると思われますが、電気ターボも搭載したトリプルターボエンジンとも噂されています。
2020年アストンマーティンヴァンキッシュはDBSスーパーレジェーラよりもより高性能なスーパーカーになりそうですね。
最初のプロトタイプは来年のジュネーブモータショーで公開されそうです。





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最高のデザインになるだろうけど2020年に488並ってどうなの?
あとニューウェイが普段乗りの乗り心地をどこまで妥協できるか

これ買うゾ〜

No title

俺もこれは興味があるな。非常に楽しみ。

No title

ミニヴァルキリーみたいなデザインになるのかな?

アストンマーチンはトップ変わってからホントにイケイケで良いな

うほほーい

これのAMRバージョンとか、ワクワクするなー

アンディ・パーマーの経営は本当にアグレッシブだな

これがAM RB003になるんですか?
邦貨で1億越えのオーラはないなぁ…

アストンは本当にわくわくさせてくれるよな。

アストンにそんな技術あんの?
ただでさえ時代遅れな車しか作れないのに

時代遅れなんは君の脳みそやで


確かに、そのとおり。

↑↑
その通り。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示