Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

【速報】スーパーGTとDTMが共通の技術規則「クラス1」を正式に発表。来年には初の合同レース開催決定:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
6484646864648648igufydtyrstdyf.jpg

【速報】スーパーGTとDTMが共通の技術規則「クラス1」を正式に発表。来年には初の合同レース開催決定


erst4te46e4e4e46.jpg
日本のスーパーGTとドイツのDTMとで車両規定統一化とした新しいカテゴリー「CLASS 1」を正式に発表しました。
元々GT500クラスのマシンはDTMマシンと多くのパーツで共通化が行われていましたが、新たなクラス「クラス1」が登場する事によりコスト削減されます。

スーパーGTとDTMに採用される新しいカテゴリー「クラス1」は2020年からスタートしますが、2019年にはDTMとスーパーGTとで初の合同レースが開催されます。


DTMと日本のSUPER GTシリーズの新しい「CLASS 1」規制が完了しました。SUPER GT傘下組織のGTAとGerhard Bergerの会長であるDTRの傘下組織ITRの会長である、Bandur Masaaki Bandは、NorisringのDTM伝統的なレース会合の枠組みの中で、来年の新しい技術規制を発表しました。バーガー氏は、「国際モーターレースのマイルストーン」と述べ、ITRとGTAの協力の成果について述べました。「この規制により、メーカーとチームは、2大陸の合理的なコストで素晴らしいモーターレースに参加することができ、それによって多くの人々に届きます。

「ベルガー氏、DTM、SUPER GTメーカーに感謝し、このプロジェクトへの献身を心から感謝します。「昨年のドイツと日本で行われたショーの大成功からわかるように、私たちの協力はさらに深まっています」

新しい共同の規制は、DTMによって長年追求されてきた3つの柱に基づいており、安全、コスト削減、機会均等という魅力的なモータースポーツを保証しています。すでに今、2つのシリーズの車は、多くの分野でお互いに似ています。2019シーズンから、DTM車両は「CLASS 1」規制に完全に適合します。1年後、SUPER GTはシリーズのカレンダーの一部である耐久レース用に若干変更される新しい規制のバージョンを採用する予定です。

自動車メーカーにとって魅力的なプラットフォーム
「新しいクラス1の規制に共同で取り組んでいる仲間と仲間たちに感謝したい」とバーガー氏。「DTMとSUPER GTは、レースを共同で開催するという我々のゴールへの道のりの重要な一歩を踏み出しました。これらの規制の制定により、私たちは前のコースを追求し続けました。さらに、2019年からの新しい規制を完全に採用するDTMの将来のためのコースを設定し、自動車メーカーにとって魅力的なプラットフォームとなっています。

「2019年には、DTMとSUPER GT車が競合する最初の共同レースイベントを開催する予定です」とBandoh氏は付け加えました。「共同イベントが世界中のモータースポーツファンに新たな興奮をもたらし、SUPER GTとDTMの両方が継続的に発展することを強く信じている」

「クラス1」:成功の保証人としての共通部分概念
新しい規制の最も重要な要素は共通部品のコンセプトになります。それは明らかなコスト削減をもたらし、同時に安全性と機会均等の領域にも加わります。ほぼすべての分野のコンポーネントが標準化され、ヨーロッパと日本の両方で生産され、配布されます。これらすべてのコンポーネントでは、高価な設計や開発に投資する必要はありません。この車の中核は、すでにDTMに長年使用されている安全セルが一体化された炭素繊維モノコックです。

これまでの技術的なDTM規制との大きな違いはエンジンです。最先端の2リッター4気筒ターボエンジンがこれまで使用されていたV8パワーユニットを置き換えます。エンジンは620bhp(前任者より約100bhp)を生産し、DTM車を300kph以上に加速する。付加的な力のために、車はまた、より多くのブレーキエネルギーを必要とする。したがって、自動車のフロントの空力設計は、エンジンとブレーキの両方を冷却するためにより多くの空気を集めるように適応される。さらに、現在のSUPER GT仕様がこの分野の新しい規制に組み込まれることになるため、フロントディフューザーとリアディフューザーが変更されます。

2019年のDTMとSUPER GTの最初の合同レース
SUPER GTは2020年にのみ「CLASS 1」規制を採択する予定ですが、ITRとGTAは2019年に欧州で1回、アジアで2回の共同レース会合を予定しています。このフォーマットはDTMのスポーツ規定に似ています。運転手の交換や給油をしないで2回のスプリントレースを行いますが、4本のタイヤすべてを交換するには義務的なピットストップが必要です。これらのレースミーティングのために、両方のシリーズのまだ若干異なる車両の同等のチャンスを作るために、一回限りの「パフォーマンスのバランス」(BoP)が作成されます。
wad3r434342342.jpg
rewfw3r5.jpg
2020年からはWECでハイパーカークラスも登場するし新しいカテゴリー登場でスーパーGTとDTMが更に盛り上がりそうですね。
オラワクワクすっぞ


ハイスコアガール 9巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックスSUPER)
スクウェア・エニックス (2018-06-25)
売り上げランキング: 42

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

色々と思うことはあるが、一歩前進したことは歓迎するし、非常に楽しみだ。おそらくは年末に統一王者決定戦とかやるのかね?
あとはどう味付けをして行くか注目したいね。ブランパン選手権との競合も気になる。1番してほしいのはDTMとSGTの放映権の統一だけど、そこは1番難しいかな…。

No title

DTMとSGTはスプリントと耐久だったり、チームオーダーの多い少ないみたいな文化の違いがあるんだけどその辺のチリ合わせはどうするんでしょうね?
交流戦みたいなものでもチームオーダーマシマシのSGTってあんまり見たくないなぁ

やっと決まったか。ここまで長かったな

これから決めていくんだろうけど
一番はタイヤをどうするかよね

No title

チームオーダーはむしろDTMの方が酷いんだよなぁ・・・

ただなぁ…ベンツが撤退するんだよなぁ

No title

坂ちゃんトシとったなあ

メルセデス撤退で一気に進んだ感じだなー

やっぱNSXは許されないのかな

No title

もうフォーミュラーに箱ボディ乗せちゃえよ。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
Amazon
Forza Horizon 4 - XboxOne (【Amazon.co.jp限定特典】Porsche 911 GT3RS (2016) ダウンロード コード 配信 同梱) 月曜日のたわわ アイちゃん 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア figma この素晴らしい世界に祝福を! 2 アクア ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 【限定販売】クイーンズブレイドUNLIMITED 冥土へ誘うもの アイリ 完成品フィギュア figma アリス・ギア・アイギス 比良坂 夜露 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示