Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

アストンマーティンの電気自動車ブランド【ラゴンダ】、2021年から正式に発売開始するとコミットメント:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
6484646864648648igufydtyrstdyf.jpg

アストンマーティンの電気自動車ブランド【ラゴンダ】、2021年から正式に発売開始するとコミットメント


DbzB406X43AB7s (1)
アストンマーティンはレース技術の入ったサブブランドAMRに続きEVラグジュアリーブランドとしてラゴンダヴィジョンコンセプトをジュネーブモーターショー2018で発表しましたが、正式に2021年からラゴンダブランドとして豪華な電気SUVが発売される事がアナウンスされました。

ラゴンダSUVは排気ガスを一切出さない高級ブランドでベントレーやロールスロイスなどがライバルになり、
まだどのメーカーも参戦していない未知の市場で先駆者メリットを勝ち取ります。


DbzB406X43AB7s (5)
DbzB406X43AB7s (2)
DbzB406X43AB7s (3)
DbzB406X43AB7s (4)
ジュネーブモーターショー2018で発表されたラゴンダヴィジョンコンセプトと今回公開されたティザーイメージは結構違いますね。
おそらくセダンとSUVが発売されるんでしょうね。

ラゴンダSUVはヴィジョンコンセプトの大胆なデザインを引き継ぎ、アストンマーティン初の4×4の電気SUVとして登場します。
同じコンセプトのDBXはどうしたんだよ?って思っている人が殆どでしょうが、DBXはラゴンダSUVとして最初に発売されてから
今後アストンマーティンDBXとして登場するかもしれませんね。


日本のメーカーはまずクソダサい箱みたいな電気自動車のコンセプトを随分前から発表していましたが、
海外メーカーでは電気自動車のスーパーカーを発表し、リマックを始め中国メーカーがどんどん勢力を付けています。
高級サルーンの電気自動車はまだどこも出していませんが、これは新興企業には絶対無理で、アストンマーティンの様な伝統がある自動車メーカーが圧倒的に有利な市場になると個人的に思っています。

ロールスロイスやベントレーもハイブリッドを導入する予定で今後はEVにシフトしていきますが、アストンマーティンは一歩先にEV高級ブランドとしてラゴンダを2021年から立ち上げます。


前から言ってるけどみんなビットコインみたいな暗号通貨に投資せず、今後100パー普及するソリッドステートバッテリーを開発している会社の株を今のうち買っとけよ?
あとアストンマーティンはほぼ確実にロンドン市場に上場するだろうからロンドン市場に投資出来る証券会社にも今のうち口座だけでも開設しといたほうがいいよ。


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

そもそもEVっていう時点で買うやつ少ないだろ
今のバッテリー技術じゃEVは欠陥品といっていい。
1週間乗らないだけで充電が40%放電するんだからな。こんなもん誰が買うんだよ
同じ金払ってベントレー買った方が良い

 

どうせ自動運転と同じ一過性のブームなんだから、かっかすんなよ
それにデメリットばっかってわけでもないんだしさ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示