Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

ニュルを走るランボルギーニアヴェンタドールSVイオタ:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサードリンク
スポンサードリンク1

ニュルを走るランボルギーニアヴェンタドールSVイオタ

awdqeq2aeqw2edzsq2aww2q (1)
ランボルギーニアヴェンタドールSとアヴェンタドールSVの後継モデルであるアヴェンタドールSVJ(イオタ)のプロトタイプがニュルブルクリンクでテスト走行が行われています。
偽装パーツは付けておらずカモフラージュ柄で隠されただけのほぼ量産車両に近い状態で年内にも正式発表される事になっています。
やはり最有力なのが10月のパリモーターショー2018でしょう。


New lambo being tested ? What on earth is it ?

Tomさん(@rcr_tom)がシェアした投稿 -


awdqeq2aeqw2edzsq2aww2q (4)
awdqeq2aeqw2edzsq2aww2q (3)
awdqeq2aeqw2edzsq2aww2q (2)
awdqeq2aeqw2edzsq2aww2q (6)
awdqeq2aeqw2edzsq2aww2q (5)
元々アヴェンタドールLP750-4SVがニュルブルクリンクでポルシェ918スパイダーと同じく7分を切る量産車第2号として6分59秒73を記録し、後にウラカンペルフォルマンテが6分52秒01を記録しランボルギーニ最速モデルとなりました。
勿論アヴェンタドールSVJはフラッグシップモデルもハードコア仕様なので過去のモデル以上のタイムを記録する事が期待されますが、800PSを発揮すると予想されているので現在ニュル最速タイムの6分47秒3を持つポルシェ911GT2RSを上回る可能性があります。

9月のフランクフルトモーターショーか10月のパリでアヴェンタドールSVJが公開し、ジュネーブモーターショー2019でアヴェンタドールSVJロードスターを発表し、2022年以降次期V12モデル発表といったところでしょうか?


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア10 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア10 (GA文庫)

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

正直言って、こんなクルマに軽々しく名車イオタの名を付けて欲しくない。

イオタは過去にも使ってるから
今さら怒っても遅いかと

No title

つか現存するミウラSVJからしてイオタとは別物じゃなかった?

こんな車って言うけど十分アヴェンタドールも良い車だろ(笑)

No title

エンジンフードの形状変わってるけど、シャークフィンっぽくはないなぁ
フロントの三つの「角」がなくなってる?あれ、好きだったのに

イオタの言葉としての意味が込められていたからね。
 
スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

スポンサードリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示