Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

デ・トマソ・パンテーラがランボルギーニのエンジンで復活:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
57858758587uoouoou.png

デ・トマソ・パンテーラがランボルギーニのエンジンで復活


7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (8)
先日、イタリアのコーチビルダーのARESデザイン社が「プロジェクト・パンサー」と言うデ・トマソ・パンテーラを現代に蘇らせたレンダリングを公開していましたが、今日行われたイベントにてプロトタイプが初公開されました。
ランボルギーニウラカンの5.2リッターV10エンジンを搭載し、610PSを発揮。
デザインはロータスを解雇された元CEOダニー・バハールが担当しています。


7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (1)
7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (4)
7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (3)
7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (2)
7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (6)
7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (5)
7198@pkpk@p@pk@pk@pk@pk@pk@pk87 (7)
ランボルギーニウラカンがベースですが、オリジナルのパンテーラと比べてもホイールベースがわずか12cm延長されていますが、同じくリトラクタブル型ヘッドライトが採用され、オリジナルのデザインをほぼ変えずウラカン譲りの空力性能を持ちます。
オプションでチタンエキゾーストシステムを含むパフォーマンスアップグレードパッケージが提供され、640PS~660PS程度アップし、車重は1322kgになる予定です。
プロジェクトパンサーはドイツの安全基準で生産される予定で既に9台が販売済みです。
価格は9700万円~


【デ・トマソ・パンテーラが復活】新型スーパーカー「プロジェクト パンサー」のティザーイメージ公開


オトカドール 魔王ルシ子 1/1 完成品フィギュア
オトカドール 魔王ルシ子 1/1 完成品フィギュア

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

かっこいい

No title

リトラがいいね

No title

テールライトはコルベット?

ウラカン丸出しだし、悲しいくらいブサイク

リトラクタブルが復活するとは

No title

テールランプでモヤッとした気分になる
どうせなら、四角にすればよかったのに

No title

これは昔からの車好きと、新しく興味を持った方とでパッキリ評価が分かれそう
個人的には"70〜80年代にウラカンをデザインしたら"っていうIf系レンダリングなイメージ

リアが残念なデザインになってるからもうちょっとデ・トマソパンテーラの要素取り入れてもいい気がする。

サイドからみた時のドアより後ろ側が間延びしすぎててダサい

No title

いいな、これ。

No title

リ、リトラクタブル??

今は2018年でいいよな?

やっぱりリトラの車ってかっこいいわ

リトラ大々的に復活してくれ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示