Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

いよいよ金曜日にデビューする英国産スポーツカー「TVRグリフィス」のラストティザーが公開:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
57858758587uoouoou.png

いよいよ金曜日にデビューする英国産スポーツカー「TVRグリフィス」のラストティザーが公開


13r2q3423drgt4w4tgge4tw.jpg
最近ではイタリアのダラーラが新型スポーツカーを出す事で話題ですが、イギリスのTVRからも久しぶりに新モデル「TVRグリフィス」がいよいよ9月8日(日本時間だと8日夕方)に開催されるグッドウッドリバイバルにて初公開されます。

フェラーリと同じく今年で創立70周年を迎える記念モデルで、デザイナーはマクラーレンF1やメルセデスベンツSLRマクラーレンを手掛けた巨匠ゴードン・マレー氏。
1963年に発売されたグリフィスのリザレクションモデルになります。

TVRはグンペルトなど中小メーカーと同じく経営危機に見舞われ会社は倒産。最後に発売したモデルから10年以上経ち、久しぶりに自動車を販売します。


  • TVRグリフィスにはショートストロークのTREMEC 製6速マニュアルトランスミッションを搭載
  • コスワース製5.0LV8自然吸気エンジンを搭載し400~480馬力を発揮
  • 既に完売しているグリフィス・ローンチエディションにはゴードン・マレーが開発したiStreamが採用され車重1,250kg
  • ESCやABSなどコンピューター制御装置は一切排除したピーキーなスポーツカーですが、剛性、信頼性、品質を備えた究極のイギリス産スポーツカーになります。
  • 2015年7月7日にデポジット93万円でグリフィスを発売後わずか1ヶ月で完売し現在500台以上が受注中で2019年から納車が始まる予定です。

wsefrrw3r4.jpg
ボディサイズはマクラーレン570Sとほぼ同じです。
事前情報ではコンピューター制御装置が一切ないとの事ですが、エアコンなど快適装置も無いのかな?
横滑り防止装置が付いていないとなると、このままではアメリカでは販売出来ませんがこの辺の情報も8日には明らかになりそうです。



アポロ(グンペルト)もそうですが、今度こそ経営が上手く行くと良いですね。
何度も書いていますが、中小の新興スポーツカーメーカーが生き残るのに必要なのは大きく分けて「伝統」「レース実績」「コースレコード」の3つと個人的に考えています。
今後はTVRグリフィスでニュルなど世界中のサーキットでタイムアタックを行う可能性はありますね。
まだ1度も公道でテストしているプロトタイプが目撃されていませんが、8日以降世界中で目撃されそうですね。



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヘッドライトがSLSのパクり

No title

TVR特有の、どこか不思議な雰囲気は健在のようでよかった

マジョーラカラーがみたい

一瞬、リマック・コンセプト・ワンに見えた

SLR もゴードンなのか。

TVRはまともな経営者がいれば伝統はあるしレース実績もそれなりにあるからいける

ってかほとんど見えとるやないかい
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示