Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

ブガッティ、次期ハイパーカーは「電気」になると正式に発表:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク
ハイパーカーニュース
6484646864648648igufydtyrstdyf.jpg

ブガッティ、次期ハイパーカーは「電気」になると正式に発表


819791b6tyi7uig (1)
ヴェイロンと同じく8.0リッターW16クアッドターボエンジンを搭載し環境問題を完全無視したハイパーカー「ブガッティシロン」
まだ開発段階時の偽装車輌では電気ターボが搭載されるのでは?と噂されていましたが、結局はヴェイロンと同じ様なシステムでした。
Autocarの取材に対しヴォルフガング・デュルハイマーCEOは「将来のブガッティには電化が起こるでしょう」と答えました。
これは電気モーターやバッテリー技術が進歩しているしフランスを初め各国で排ガスの規制が厳しくなっていく事が既に決まっているので何かしらの技術で電化する事が確実になっていますが、完全EVになるのはまだ否定的な考えです。



819791b6tyi7uig (2)
819791b6tyi7uig (3)
819791b6tyi7uig (4)

ブガッティシロンは世界限定500台のハイパーカーで現在280台程売れて納車が待たれている状況です。
先日、中国の新しい環境規制のせいでマクラーレン720Sの納車が遅れている事を紹介しましたが、8.0リッターと大排気量のシロンが中国の規制にパス出来るのかどうか疑問です。
ヴェイロンと同じく約8年~10年スパンでモデルチェンジを行われる事が予想されるシロンですが、規制が厳しくなる前に大きなマーケットの中国やヨーロッパで500台全て売りたいでしょうね。
次期シロンなんてまだ作って無いでしょうが、電気ターボは今後他社でもどんどん採用されると予想できます。

また、ブガッティはシロンとは別に「第2のモデル」を検討しており、現在顧客が望むものを調査中であると認めています。
SUVや16Cガリビエール・コンセプトの市販モデルが発売されるかも?

ブガッティシロンに早速ワンオフモデルが登場!最初の特注モデルはHERMES仕様


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

排気量落ちるとなるとあのサウンドが無くなるのは残念

あのドデカイ掃除機音か。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示