Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

ケーニグセグは品質管理を合理化する為にクレアフォーム社の3Dスキャン技術と提携:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサードリンク
スポンサードリンク1

ケーニグセグは品質管理を合理化する為にクレアフォーム社の3Dスキャン技術と提携

rwefs64rfwe684ef6wef468t4 (1)
世界限定80台発売されるレゲーラや世界限定25台のアゲーラRSなど現在2モデルを生産しているケーニグセグですが、品質管理を合理化する為にクレアフォーム社の3Dスキャン技術が使われています。

車体の様々なパーツなどクレアフォーム社のポータブル3Dスキャナーで撮影され車輌データが保存され、生産現場での品質チェックなどにも柔軟かつスピーディーに対処出来る様になっています。




rwefs64rfwe684ef6wef468t4 (4)
rwefs64rfwe684ef6wef468t4 (3)
rwefs64rfwe684ef6wef468t4 (2)
rwefs64rfwe684ef6wef468t4 (5)
rwefs64rfwe684ef6wef468t4 (6)
wadeqrrfrq3rawq3rawq3r (1)
wadeqrrfrq3rawq3rawq3r (5)
wadeqrrfrq3rawq3rawq3r (4)
wadeqrrfrq3rawq3rawq3r (3)
wadeqrrfrq3rawq3rawq3r (2)
wadeqrrfrq3rawq3rawq3r (6)
複雑な箇所でも正確にスキャンでき車体の個体差も殆ど無くす事が出来るみたいですね。
ランボルギーニもV12モデルではまだまだ個体差あるけどこういった技術を使っての車の生産って結構メジャーなのかな?


グランツーリスモスポーツも最新のスキャン技術を使っているって山内さんが以前インタビューで語っていたけどクレアフォームのスキャナー使ってんのかな?



りゅうおうのおしごと!4 (GA文庫)
りゅうおうのおしごと!4 (GA文庫)

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

アウディになってからのムルシ、アヴェはマシ
ディアとかタックとか、マフラーのチリからウイングのチリまで他のそれと合った事がないからネ

ムルシエラゴやアヴェンタドールでも全然個体差あるよ

90年代のランボからしたら皆無だろうよ
ガヤ、ムルシなんてマフラーのポン付け余裕なんだから

No title

火災に関しては合理化されてるよね

No title

カウンタックだって、貼ったアルミ外板バーナーであぶってコテでならしたり、きれいな角だしの為にパテ成形してから塗装に回したり、手作りなりに頑張ってたんやで。
 
スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

スポンサードリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示